どっさりマジックで便秘スッキリ解消!

どっさりマジックは名前の通り便秘で悩んでいる方にピッタリ!お通じがどっさりでて快適になれちゃいますよ。値段もお手軽なので最高です。 - キャリアスマホからIIJmioに切り替えて月額料金が月5000円お得になった!

キャリアスマホからIIJmioに切り替えて月額料金が月5000円お得になった!

いままでキャリアのスマートフォンしか利用したことはありませんでした。最近は格安SIMの人気が出てきて、自分の周りでも、格安SIMに切り替えた友人がちらほら出てきました。自分も以前から興味があった格安SIMをキャリアの解約時期のタイミングを見て、遂に乗り換えをしました。

乗り換えた格安SIMのブランドは有名なIIJmioです。docomoの電波を使っている為、繋がりやすさはdocomoのエリアとほぼ同じです。

スマートフォンはキャリアで分割払いを完了したiPhone6SをSIMロック解除をおこなって、このIIJmioのSIMカードを入れました。

IIJmioのSIMカードは、パッケージ代金として初期費用が3240円掛かります。オンラインでインターネットで買って申し込むことも出来ますし、量販店ですとビックカメラでBICSIMと呼ばれるSIMカードがIIJmioなので、店頭で契約をすることも可能です。

実際に使ってから半年以上経ちますが、快適に使えています。キャリアスマホを使っているときは、月額8000円掛かっていましたが、この格安SIMは、月額2220円です。5700円もお得になりました(コチラ参考に→格安simって毎月いくらくらい?)。

詳細はキャリアスマホは5GBの通信と使い放題の電話がついていました。一方、IIJmioは6GBの通信で、電話は従量制です。電話はあまり使っていなかったので現在はほとんど通話料は掛かっていません。

今後、電話を使うようになっても一回5分間でかけ放題というオプションがあります。830円で付けることが出来ます。通信速度に関しては、YouTubeなどの動画もスムーズに見れますし、不満を感じたことはありません。

6GBを使い切ったあとの制限がかかった際は、バースト転送機能というのがついているため、制限時もホームページなどを見るときに繋がりの悪さを感じにくいです。接続の瞬間だけスピードを上げて、その後制限スピードに戻すという機能ですが、これはキャリアにはない機能です。大変素晴らしい機能ですが、瞬間的にスピードを上げる機能なので、制限時の動画の再生には適していません。

現在、半年以上使っていますが、全く不満はありません。デメリットは何かというと、ラインのID検索機能が使えないという点です。あまり使わない機能ですので必要はありませんが、キャリアでないため年齢認証の機能が使えないです。別の友達追加機能もあるのでそれでまかなえると思います。

デメリットも少なくおすすめの格安SIMです。

Copyright(C)2015 どっさりマジックで便秘スッキリ解消! All Rights Reserved.